ハイドロリリース

疼痛治療としてのハイドロリリース

疼痛治療としてのハイドロリリース疼痛が起こる腰痛・肩こり・身体のあらゆる部位のツッパリ感の原因は、筋膜の癒着とされています。日常生活や仕事での動作や姿勢によって、全身の筋肉とそれを包む筋膜が炎症・血行不良を起こし、筋膜の癒着が生じます。この癒着に対して、局所麻酔液などの薬液を含む液体を患部に的確に注入して、各組織の癒着を解消する注射がハイドロリリースです。筋肉・筋膜・靭帯などの各組織を液性(ハイドロ)剥離(リリース)することで、症状の改善が見込めます。

超音波エコーを用いたハイドロリリース

筋肉や筋膜・靭帯・腱・神経はレントゲンでは確認することができません。これらの組織は、超音波エコーを用いることで確認できます。実際に痛む部位や突っ張っている場所などを直接確認できます。このように、超音波エコーを用いた液性剥離(ハイドロリリース)を、エコーガイド下ハイドロリリースと呼んでいます。また、治療に使われる注射針の先端も見えるので、血管や神経などを傷つけずに的確に注射できます。

Step1

問診・身体所見から、症状の原因を特定します。

Step2

原因が骨・関節・脊椎・脊髄疾患が疑われる場合は、レントゲン検査を行います。

Step3

筋・筋膜・靭帯・腱・末梢神経系の症状の場合は、超音波エコー検査で確認し、ハイドロリリースが適している判断されたらハイドロリリースを行います。

Step4

エコーガイド下ハイドロリリースを行います。

Step5

リリース後、特に問題がなければそのままご帰宅できます。安静にする必要もありません。

ハイドロリリースが有効な症状とは

以下の症状にハイドロリリースが有効とされています。

治療後の注意点

  • 治療当日のシャワー浴は可能です。
  • 治療効果には個人差があります。効果を実感できるのは数日~2週間前後とされています。 当院でのハイドロリリースは、保険診療のため局所麻酔薬を少し併用します。したがって2~3カ所までしか打てない、週1回までと回数や部位に制限が生じます。
  • 治療後は安静にする必要はありません。

重要なこと

治療効果を維持するためには、筋・筋膜・靭帯・神経を良い状態で保つことが必要です。治療後、癒着が剥がれて身体の動きが良好になっても、姿勢や動作などこれまでの生活習慣をそのまま続けることですぐに再発してしまいます。再発を防ぐためにも、運動習慣を身に着けて、ストレッチや筋力強化、姿勢の改善に努めましょう。

keyboard_arrow_up